スカイリム プレイ日記65

前回の記事→プレイ日記64

前回、盗賊ギルドのメルセルさんに刺されちゃった私。
セーブしてから盗賊ギルドに向かってみた。
特に敵対視はされてないようだ。
メルセルも居ないし、どうやら雪帷の聖域での出来事は知られてない状態。
まぁそうだよねw

特別他に用事もないのでウィンターホールドに向かうことにします。
ここでエンシルという人物に会い日記を見せた。
どうやら日記の読めない文字はファルメル語というらしい。
今度はマルカルスに行きファルメル語の第一人者であるカルセルモという人を探すことに。

マルカルスに行くと、一人の衛兵が走ってきた。
前に何かしでかしたか?と思ったら違ったみたい。
ただ、他の兵と違って何ていってるか分からないw
それでも普通に選択肢が出てくるから「面倒を起こす気はない」とだけ言っておいたw
その後は話しかけても何も起きないからほっとこうか...w

カルセルモという人を発見して、研究を見せて欲しいとお願いした。
でも説得、賄賂、威圧。全部失敗という展開w
これは必ずこうなるのか、それとも相当運がないのかw

鍵を盗んでいくか、こじ開けるかの二択。
この選択なら当然こじあけますよw
博物館に忍び込みます。
中には衛兵っぽい人達がいるけど...
これ戦っちゃまずいよな?ってことで見つからず慎重に進みました。

次のエリアにも居るのか...と思ったら少し見た目が違うような。
試しに攻撃してみたらマルカルスの衛兵じゃ無かったです。
なら問題ないな!
全員倒していきました。
ただリディアさんは機嫌が悪くなってしまったようです。
博物館の扉も、その次の扉も本来入っちゃいけない場所だからかな?
敵兵の装備重いのに荷物持ってくれなかった...(そこ?w)。

部屋に置いてあるものは基本「盗む」扱いになるので、興味がありません。
なのでサクサク進めましたw
一番奥で{研究の成果を何かに書き写せ}って言われた。
正直、何かって何だよって思ったw
その前の部屋に紙のロールと木炭があるので、この2つを使えば代用できます。
紙のロールはすぐ気づいたけど、木炭で良かったとはなぁw
ペンがあるのかと探しちゃったw

写しを手に入れた後はウィンターホールドへ戻り報告。
日記を翻訳しギルドに居たメルセル氏の動機なんかが分かった。
この情報を盗賊ギルドに持っていくってことで、再び盗賊ギルドへ戻ります。

クエスト「厳しい答え」おしまい。

※今回は画像が一切無くて文字たらたらと書いちゃってすみません
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-24 : SKYRIM : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ハル

Author:ハル
初めましての方へ

いらっしゃいませっ
主に遊んでるゲームの事など書いてます
どうぞごゆっくり♪
Twitterやってます。
プレイ動画集→youtube

●最近遊んでるソフト
・ドラゴンクエストXI
・スプラトゥーン2
・オーディンスフィア

鳥さんカウンタ

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

カテゴリ

タグリスト